湯タンポが欠かせない

湯タンポが欠かせない

冷え性なので湯タンポが欠かせません。

 

毎晩寝る時間帯になると湯タンポに使うお湯を
沸かさないといけないのだけど、それが結構時間が
かかって面倒くさいのです。

 

何故かというと毎日足元用の大きな湯タンポと手元用の
小さな湯タンポの2つを用意しているからです。

 

1つだけならまだしも2つの湯タンポを使うとなるとお湯を
沸かす時間もそれだけ多くかかるので手間も増えるのです。

 

だからといって1つだけだと手元がつらくて寝るのがつらいくらいなので
この2つが必須アイテムなのです。

 

我ながら相当な冷え性だなとは思うけど足元、手元を温めるくらいしか
対処法を思いつかないのでこの現状がこのまま続くのだろうと思っています。

 

たまに寝相が悪いのか足が湯タンポのある位置からズレてそのままに
なってしまうとずっと脳内では足が冷たいと感じたまま眠りが浅くなってしまいます。

 

その状態で朝目を覚ますと、なんだか疲れたような足が冷たく気だるいような
感じになります。

 

こんな深刻な冷え性を何とかする方法を模索しているけれどこれといって
良い対策もないまま毎日を過ごしています。

 

せいぜいお風呂で長目にお湯に浸かるくらいです。

 

せめて寝るときは足元を湯タンポでしっかりと温めて眠るようにしたいです。

 

湯タンポで足元を温めていれば睡眠がしっかりとれるのでそれだけは続けなければと思っています。