興奮していても動脈の働きが不十分

興奮していても動脈の働きが不十分だとダメなんです

ぺ○ス・聴覚・視覚などで性的な刺激を受けた場合、正常なら
海綿体に血液が溜まり勃起します。

 

しかし、EDの場合は性的な刺激を受けたにも関わらず、
脳にうまく伝わっていない場合があるのです。
その結果、海綿体に十分に血液が流れず勃起することができない。

 

これは、色々な原因がありますが血管自体に動脈硬化などの
障害があると、海綿体の動脈がうまく拡がらないため、
必要量の血液が流れず勃起しないというのです。

 

糖尿病や高血圧・高脂血症などの生活習慣病に
かかっている人は更に立たないリスクが高くなるので注意してくださいね。

 

どうして性的な興奮をしているにもかかわらず勃起障害に
なってしまうのでしょうか。それは、ストレスや運動不足、喫煙といった原因があるようです。

 

そして、男性の活動的なパワーが不足しているかもしれないのです。
男性の力強さが体を活発に健康的にして、性的なパワーを発揮しているのです。

 

男性的なパワーを得るには、若さはもちろんの事、
体力や精力といった成分が必要となってきます。

 

若さや体力を上げたいのなら毎日適度な運動をするのが
良いかもしれません。有酸素運動や筋トレをして体力・筋肉を増やすことで
自分に自信が生まれメンタル面も成長することでしょう。

 

そうする事で精力面も回復・改善するかもしれません。
ただ、精力面はサプリメントや食事を改善することで得られるので安心してくださいね。

 

旦那が立たない方の解決方法は
>>コチラ
で紹介しています。